アシストのヘルパーについて

アシストの行動規範「ア」安全・安心のサービス提供「シ」情報共有 しっかり聞いてしっかり伝える「ス」素直なあいさつ 感謝でつながる和「ト」共に築こう誇れる会社 共に目指そう地域一番

アシストの行動規範にあるように、介護現場において情報共有は必須であります。
特に、身体の状態の変化が著しい高齢者の介護においては、普段の状態とどう変化しているか?身体面に限らず精神面も含めよく観察し、家族様、医療、介護、地域等につなげ、連携を取る必要があります。

アシストのヘルパーは、社内の連携強化のため、各利用者様の詳細な情報や変化をいち早くキャッチし共有に努め、迅速に対応するよう努めています。
また、年に5回登録ヘルパー向けの研修を、年5回法人全体の研修、各事業所単位の研修を通じて、技術や技能の向上を目指しています。

アシストの行動規範「ア」安全・安心のサービス提供「シ」情報共有 しっかり聞いてしっかり伝える「ス」素直なあいさつ 感謝でつながる和「ト」共に築こう誇れる会社 共に目指そう地域一番

研修内容も、基本介護技術、苦情処理とヒヤリハットについて、緊急時の対応、記録の書き方、医療と服薬、認知症ケアと事例検討、介護職員の接遇研修など多岐にわたっています。
アシストのヘルパーは、利用者様の自己実現を支援し、より良い生活が営めるよう、個別ケアを重視したオーダーメイドの介護を目指します。

複数の事業部門を持っているからこそできるアシストの特色

アシストの各事業所は一人一人の利用者様との丁寧なかかわりを大事にしています。
ケアマネジャー、ヘルパーをはじめ各担当者間で情報共有を心掛け、より、その方らしい生活をサポートできるように、いろいろな専門的な見地から意見を出しあう体制をとっています。
これは、複数の事業部門を持っているからこそできるアシストの特色です。又、良いサービスはスタッフの仕事満足度にも大きく左右されます。アシストはスタッフが笑顔で仕事ができる環境も大事にしています。

まずはお気軽にご相談ください。フォームはこちら。06-6477-3434
ページトップへ